定位置ってどうやって決めるの?

さてメールレッスンにご登録いただいた、愛知県にお住いのSさんからのメッセージをご紹介しますね。

—-

ものは、捨てられますが、定位置が決まってないことと、もとに戻せないことで片付けることができません。

—-

おお!もうSさんは「整理」は出来ているんですね。素晴らしい♪

ご自身でも分析されているように、定位置(=収納場所)が決まっていないために戻すこと(=片付け)ができないんですね。

定位置が決まってなければ、戻すことはできないからね。
こちらは卒業生のYさんの引き出し。これなら迷わないよね。

一番重要なのは「戻しやすい」こと。
よく「取り出しやすい」場所にしましょうと書かれていますが、それは使う場所と使い終わる場所が同じ場合ね。

私も子どもたちが小さい頃、リビングにヘアゴムを収納していました。
リビングでつけるから「取り出しやすい」場所にね。
でも外すのはお風呂に入る前だから洗面所で散らかるの。

片付けなさいって毎回言っても片付かないよねー。
だって面倒だもん。

で、ふと気がついた。
使う時はどんなに遠くても必要なら取りに行く。
でも使い終わったら用は済んでるからわざわざ片付けないってことに。

ってことは、洗面所を戻す場所にした方がいいよねーってようやく気がつき、片付くようになりました。
私が戻すにしてもそれほどストレスでもないしね。

そんな訳で定位置の決め方は「そのモノが散らかる場所」がおススメ。

そして片付けは1日のうちでタイミングを決めるのがいいよ。
暮らしていたら散らかるのは当然。
1日1回リセットできれば私はいいと思ってます。

あなたのタイミングを決めてみてね♡

「収納をたくさん作ったけど、今では空きスペースだらけです」

今日も卒業生の方のお宅へ収納レッスンに伺いました♪

収納レッスン前からスッキリしたキッチンでしたが、配置なんかを変えてさらにスッキリ!


どこもしっかり区分されてました◎もうね、私もレッスンのやり甲斐があるってもんです(≧∇≦)ノ

 

暮らしていると、使っているうちに不便にも慣れてます。

そこヒアリングをもとに配置などを移動。

不要なモノもたくさん出て、今回もかなりの収納グッズ↓が不要となりました。

 

Kさんが目標としていたカンタンにリセットできるキッチンに近づきました♪

あとは宿題のクリアを待ってますね^^

 


ご褒美にいただいたグラマシーニューヨークのブラウニー♡

美味しいお土産までありがとうございました^^
来年はあなたのおたくがKさんのようなスッキリしたおうちになってるかも!?