定位置ってどうやって決めるの?

さてメールレッスンにご登録いただいた、愛知県にお住いのSさんからのメッセージをご紹介しますね。

—-

ものは、捨てられますが、定位置が決まってないことと、もとに戻せないことで片付けることができません。

—-

おお!もうSさんは「整理」は出来ているんですね。素晴らしい♪

ご自身でも分析されているように、定位置(=収納場所)が決まっていないために戻すこと(=片付け)ができないんですね。

定位置が決まってなければ、戻すことはできないからね。
こちらは卒業生のYさんの引き出し。これなら迷わないよね。

一番重要なのは「戻しやすい」こと。
よく「取り出しやすい」場所にしましょうと書かれていますが、それは使う場所と使い終わる場所が同じ場合ね。

私も子どもたちが小さい頃、リビングにヘアゴムを収納していました。
リビングでつけるから「取り出しやすい」場所にね。
でも外すのはお風呂に入る前だから洗面所で散らかるの。

片付けなさいって毎回言っても片付かないよねー。
だって面倒だもん。

で、ふと気がついた。
使う時はどんなに遠くても必要なら取りに行く。
でも使い終わったら用は済んでるからわざわざ片付けないってことに。

ってことは、洗面所を戻す場所にした方がいいよねーってようやく気がつき、片付くようになりました。
私が戻すにしてもそれほどストレスでもないしね。

そんな訳で定位置の決め方は「そのモノが散らかる場所」がおススメ。

そして片付けは1日のうちでタイミングを決めるのがいいよ。
暮らしていたら散らかるのは当然。
1日1回リセットできれば私はいいと思ってます。

あなたのタイミングを決めてみてね♡

「もったいない」と思うなら、使い切る

手放すのが苦手な方は「もったいない」っていうのがありますね。

 

新しいからもったいない。

まだ使えるのにもったいない。

高かったのにもったいない。
特にモノが不足していた時代を過ごした祖父母世代、父母世代にはその傾向が顕著。

 

それと同時に本当に大事にできてればいいんだけどね。

全てを大事にできないほどの量が暮らしの中に入ってきてしまうのが現実。

 

で、入れたモノは「もったいない」というキーワードで山積みにしてしまう。

 

本来の「もったいない」の意味は「あるべき姿でない」という意味。

 

洋服は、着ること。

食べ物は、食べること。

食器は、料理を盛ること。

 

それぞれの本来の機能を果たすことが使い切ることだと思ってます。

 

もったいないなら、使い切る。

 


大好きなイッタラのムーミンマグ。

 

「割れたらもったいないから」ってステキな食器をしまいこんで、ノベルティでもらった気に入ってない食器を使っている。

 

結構、多いです。ほんとに。

 

ステキな食器を毎日使って割れるのは、私は仕方がないことだと思ってます。

だって、それだけ使ったってことだから。

 

でも、実際は大切に使っているせいか、案外割らないものです…

 

しまいこんで10回しか使わないのと、気に入って1000回使うのと、どっちが大事にしてると思いますか?

 

大事なものだからこそ、いっぱい使って楽しみたいですよね♪

「収納をたくさん作ったけど、今では空きスペースだらけです」

今日も卒業生の方のお宅へ収納レッスンに伺いました♪

収納レッスン前からスッキリしたキッチンでしたが、配置なんかを変えてさらにスッキリ!


どこもしっかり区分されてました◎もうね、私もレッスンのやり甲斐があるってもんです(≧∇≦)ノ

 

暮らしていると、使っているうちに不便にも慣れてます。

そこヒアリングをもとに配置などを移動。

不要なモノもたくさん出て、今回もかなりの収納グッズ↓が不要となりました。

 

Kさんが目標としていたカンタンにリセットできるキッチンに近づきました♪

あとは宿題のクリアを待ってますね^^

 


ご褒美にいただいたグラマシーニューヨークのブラウニー♡

美味しいお土産までありがとうございました^^
来年はあなたのおたくがKさんのようなスッキリしたおうちになってるかも!?

収納サービス@玄関:収納は毎日使うモノをしまう場所です

先日名古屋にレッスン卒業生の収納サービスにお伺いしました。

 

ストレスだとお話されていた玄関にはお子さんの靴を置く棚・外遊びの道具がたたきに。

もちろん下駄箱のモノもぜーんぶ出して見直しをしていきました。

 

以前レッスン中に見直しをしたそうですが、今回さらに手放すと決断されたモノで大きなごみ袋がいっぱいに。

 

総量が減ったので、全てを中に入れることができるようになりましたよ◎

 

下段はお子さんが取り出しやすいように靴を配置。

めでたく玄関の棚も撤去されました◎

 

収納は、毎日使うモノをしまう場所。

使わないモノで埋められてしまうのはもったいない!

 

あとは玄関に靴が出っぱなしにならないような習慣を身に着けていきましょうね^^

 

宿題をたーくさん出してきたけど、Uさんなら大丈夫。

ご報告楽しみに待ってます!

「資料や郵便物でテーブルの上や部屋が物で溢れて困っています」

資料や郵便物でテーブルが溢れて困ってます

今日は無料配信中の「ステキに暮らす7日間お片付けメールレッスン」 にご登録いただいている北海道のIさん。男性経営者の方からのメッセージのご紹介です。 

——————————————————————————–

仕事の資料や業界団体の資料や郵便物でテーブルの上や部屋が物で溢れて困っています。
今では足の踏み場もない状態です。

——————————————————————————–
これ、男性経営者からのお悩みでよく聞きます。

会社を一歩も出なくても飛び込んでくる

仕事の資料・カタログ・パンフレット・郵便物なんかは、会社を一歩も出なくても毎日飛び込んできます。

放っておくとテーブルのみならず棚の上や床などどんどんと「紙塚」が出来てしまいます。

そのうちには

 

・請求書の支払いモレ

・業界団体の会合の参加表明忘れ

・更新手続きを忘れて慌てる などなど

 

業務に支障をきたすことも多いのではないでしょうか?

 

処分しようにも、内容を確認しないと処分できないですからね。

書類整理のために今日からできること

まず今日からやって欲しいのは、郵便物を毎日必ず開封すること。

「出社してPCを立ち上げている間」など開封するタイミングを決めて下さい。

ちょっとでも面倒だと続かないので、これを機にレターオープナーなどを買ってみるのもいいかもしれません。

 

コレ、すごくレビューが良いですね。しかも安い。

オート レターオープナー セラミックレターオープナー シロ CLO-500シロ/オート

¥540
Amazon.co.jp
すでに山になっている書類はとりあえず置いておいて、まずは今日届いた書類から始めてみましょう。
これ以上「紙塚」が増えることはありませんから、少しずつ山を切り崩していきましょうね。

経理書類などの書類をのシステム化できる方法は多数あります