捨てるのが苦手。それでも手放す理由

「捨てるのが苦手で…」という方、多いですね。
初めましての方で、私が片付けの仕事をしていると知るとだいたい言われるのもコレ。

 

もちろん私も手放すときは「もったいないことしちゃったなぁ」って思うこともたびたびです。

 

それでもね。
やっぱりモノを捨てます。
今の自分にとって必要じゃないモノは手放した方がいいと思ってます。

 

その理由は「モノを捨てる痛みを知ると、簡単にモノを家に入れなくなる」から。

私の大好きな場所。便利グッズと呼ばれるものはないけど、とっても時短の自慢のキッチンです。

 

よくこういう方いませんか?
「もったいないから」と言って捨てないけど、簡単に「お得だから」「タダだから」「限定品だから」「流行ってるから」と家に入れる人。

 

本当にもったいないと感じるなら、使わないことを家に入れることも同様なはずです。

 

モノを手放す心の痛みを感じないと、モノを入れるハードルが低いまま。
使われないモノを家に堆積させて、どんどん気の流れを低下させています。

 

私はね、絶対にそういうモノは家に入れません。
だって、モノを捨てるのは胸が痛いから。

 

モノは使ってこそ。

 

自分が快適だと思うモノだけを身の回りに厳選して、今年も暮らしの新陳代謝を上げていきたいと思ってます。