上質なモノを使うとセルフイメージが上がる

ステキに暮らすお片付けレッスンの平野里佳です。

今年に入って読んだ本のご紹介。

ご存知断捨離のやましたひでこさんの著書。

P.42 上質なモノだからこそ、毎日使います。

 いいモノを使うと、「自分はいいモノを使う価値がある人間なのだ」とセルフイメージが上がります。反対に、「いいモノだからと使わないでおくと、「いいモノに値しない人間なのだ」と自分に刷りこんでしまうのです。

 

頂き物のブランド食器を使わず、景品で貰ったマグカップを使っているのはなぜでしょう?

自分がイメージする「なりたい自分」はそのマグカップを使ってる?

 

どこまでいっても、私は モノ<自分 だと思ってます。

だから、自分が楽しくなる・嬉しくなるモノを大事に使いたい。

IMG_0041

NIKKO、ティファニー、ウエッジウッド、アラビア。

好きなモノは普段から使う主義です。

 

形のあるモノを使って壊れるのはしょうがないこと。

ひょっとしたらさらにステップアップのモノを使ってもいいよーっていうサインなのかもね。

 

「私が使うなんてもったいない」を「私が使わなきゃもったいない」へ。

モノは使ってこそ。

 

じゃんじゃん使って、ついでにセルフイメージを高めていけるといいですね♡


投稿者:

平野里佳

平野里佳

初めまして。平野里佳と申します。 愛知県一宮市で自宅をホテル空間にする少人数制のお片付け教室を主宰しております。 5年間で延べ500名様以上に片付け方法の指導をしています。 年間レッスンの特徴で受講生様同士が仲が良く、お互いの進歩を喜び合えるような雰囲気が良い教室です。