定位置ってどうやって決めるの?

さてメールレッスンにご登録いただいた、愛知県にお住いのSさんからのメッセージをご紹介しますね。

—-

ものは、捨てられますが、定位置が決まってないことと、もとに戻せないことで片付けることができません。

—-

おお!もうSさんは「整理」は出来ているんですね。素晴らしい♪

ご自身でも分析されているように、定位置(=収納場所)が決まっていないために戻すこと(=片付け)ができないんですね。

定位置が決まってなければ、戻すことはできないからね。
こちらは卒業生のYさんの引き出し。これなら迷わないよね。

一番重要なのは「戻しやすい」こと。
よく「取り出しやすい」場所にしましょうと書かれていますが、それは使う場所と使い終わる場所が同じ場合ね。

私も子どもたちが小さい頃、リビングにヘアゴムを収納していました。
リビングでつけるから「取り出しやすい」場所にね。
でも外すのはお風呂に入る前だから洗面所で散らかるの。

片付けなさいって毎回言っても片付かないよねー。
だって面倒だもん。

で、ふと気がついた。
使う時はどんなに遠くても必要なら取りに行く。
でも使い終わったら用は済んでるからわざわざ片付けないってことに。

ってことは、洗面所を戻す場所にした方がいいよねーってようやく気がつき、片付くようになりました。
私が戻すにしてもそれほどストレスでもないしね。

そんな訳で定位置の決め方は「そのモノが散らかる場所」がおススメ。

そして片付けは1日のうちでタイミングを決めるのがいいよ。
暮らしていたら散らかるのは当然。
1日1回リセットできれば私はいいと思ってます。

あなたのタイミングを決めてみてね♡


投稿者:

平野里佳

平野里佳

初めまして。平野里佳と申します。 愛知県一宮市で自宅をホテル空間にする少人数制のお片付け教室を主宰しております。 5年間で延べ500名様以上に片付け方法の指導をしています。 年間レッスンの特徴で受講生様同士が仲が良く、お互いの進歩を喜び合えるような雰囲気が良い教室です。